スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2008年02月17日

フラッシュサイトを作ってみよう♪(2)

さて昨日の続きです。
今日は実際に型に樹脂を流してフロントサイトを作ってみましょう♪

用意する物はこちら

プラリペアの透明タイプです。

これを型にちょっとずつ流していきます(流すというよりスポイトでとった樹脂を型に落としていく感じですが)

ちゃんと端のほうにも流れ込むように注意しながら樹脂を落としていきます。

型から盛り上がるくらい樹脂を落としたところで硬化を待ちます

硬化は早いんですが、念のため一晩くらい放置
( ´ー`)y-~~

また離型材使わなかったんで、デザインカッターで慎重に型から抜きます


でけますた!


これをスライドのアリ溝に合わせて整形してお好みの色に着色すれば完成です♪

素材的にもう少し透明度が欲しかったりしますし、表面が粉っぽくブラストした感じで出来上がるので、サイトのドットになる部分とか磨くと良いのではないかと思います。

次回以降3月の『アンリミテッド前哨戦』で使用しようと思う銃をイジイジしていこうかと。
まぁいつものように予定ではなく希望というか妄想ですので…(゚∀゚)アヒャ  


Posted by 鴨葱  at 09:00Comments(2)シューティング

2008年02月16日

フラッシュサイトを作ってみよう♪(1)

ガスオペたんの分解はアートルームユニコーンさんが詳しくやってますんでお休み(?)して今日はフラッシュサイトを作ってみようかと。

用意する物はこちら

型取り用のシリコーンゴムです。

これを適当な容器(今回はものが小さいのでガス缶のキャップを切断した物を使用)に取り硬化剤と混ぜます。

そこにフロントサイトを貼ったガムテープでフタをして漏れないように密封して逆さまにします。
本来なら型と原型の剥がれが良くなるようフロントサイトに離型材とか塗っておくと良いのでしょうが、省略w


一晩(12時間以上)硬化するまで放置します
( ゚Д゚)y-~~


ちゃんと出来てるでしょうか?

ガムテープを剥がしてみた限りでは良さそうですねぇ
原型となったフロントサイトを取り出します。
型を壊さないように慎重に…

きれいに型を取ることが出来ました♪
次回は型に樹脂を流してみましょう ノシ  


Posted by 鴨葱  at 10:00Comments(0)シューティング

2007年06月21日

レース用ホルスタ考 その2


当初は自作ホルスタのために色んなレース用ホルスタを探してたんですが、次期ホルスタは「ゴースト」に決定!ということで自作はまた今度(永久に無さそうですがw)。

で、各社ホルスタによってロック機構も違ってたり、仕様も違ってたりするようですのでその辺の違いを調べたいなぁと。

いつものネット検索
検索中…o(・_・= ・_・)o キョロキョロ

で、見つかりましたのが、
REAL GUN DYNAMIC SHOOTING
http://www.geocities.co.jp/Athlete-Rodos/7149/index.html
という実銃シューティングのHPです。

ここの「Real Gun's Shooting RIG's 」はとても参考になりました。
というか、「ゴースト」がイタリアの「AMADINI」というメーカーだって初めて知りました
てっきり「ゴースト」がメーカー名だと思ってましたんで…
チガウワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n;‘Д‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*????

でも「AMADINI」のリンクを辿ると
http://www.ghostinternational.com/eng/eng.html
ゴーストインターナショナル…って会社ぢゃないのかな?
(  ′∇ソ ヨーワカラン
  


Posted by 鴨葱  at 16:43Comments(4)シューティング

2007年06月20日

レース用ホルスタ考

ジャパン スティール チャレンジについて調べていて、ザ・リミテッドではOKだったけどジャパン スティール チャレンジでは使用できないものに私が使ったホルスタ(MGC SPEED)が該当しました。

・ フロントオープン(スライドまたはバレル上面側をカバーしないタイプ)のホルスタについては、ガンのロック機構を備えていること。(スタンバイ時にロックする必要はない)

に抵触するのは前回述べた通りですし、以前にホビサプでKさんとお話した時も「使える競技とそうでない競技があるよ」と言われていたのでいずれロック付きのレースホルスタを用意しないといけなかったと。
規定を満たすだけなら今のMGC SPEEDにロック機構を付けてもOKかなあとも考えましたが、いくらなんでも( ・∀・ )ノ カコワルイ
なんとなく自作出来るかなぁと何の根拠も無く思っていたので、一体どんなものがあるか調べてみました。
銀角さんなんかも使用しているCR-Speedや先日ホビサプで見せてもらったゴーストの他にも、

サファリランド #011、#012
ビアンキ ヘミスフィア
リムキャット ステルス

などなど、名前は聞いたことあるけどどんなんか見たこともないしなぁってのが見つかりました。
んで画像検索。



LIMCATってエライ(・∀・)カコイイ!!
んですけど。


ホント無駄なものは一切無くして、「トリガーガードが隠れる」「ロックされる」ってことを満たすとこんな形になりますたってことですかね?
コンパクトだし、買って帰ってもばれない?っつかどこで入手出来るんだろΣ(゚∀゚;)
でも売ってても買えそうに無いし、自作の参考にってことで調べてたんで、足りない頭の中身を絞りつつトリガーロックの機構なんかを考えていこうかと思います ノシ  


Posted by 鴨葱  at 13:02Comments(12)シューティング

2007年06月19日

ジャパン スティール チャレンジ に向けて その2

今日はルールについて気になった点のお話。
安全管理や競技内容に関する部分はシューティングでのお約束という感じですので置いておいて(大事なことですけどね)、ザ・リミテッドと違う規定について見ていこうかと思います。

まず、カテゴリが、オープンクラス、タクティカルクラス、リボルバクラス※の大きく3つに分けられオープンクラスでは光学サイトの搭載もOKです。
※ただリボルバクラスもオープンかタクティカルかの申告は必要らしいです。

ガンやホルスタに関しての記述が多く、前回使用出来たのに今回は不可なものもありそうです。
たとえばホルスタですが、オープンクラスではレース用ホルスタの使用はOKですが、

・ フロントオープン(スライドまたはバレル上面側をカバーしないタイプ)のホルスタについては、ガンのロック機構を備えていること。(スタンバイ時にロックする必要はない)

とありますので、私が前回使用したMGCのSPEEDは使用出来ません(ロック機構が無いため)。
ホルスタ規定を満たすものであれば自作でもOKとのことなので、ここは一つ自作に挑戦してみようかなと。
…買ったほうが安くついたとか、ありがちですけどね

タクティカルクラスはほぼ無改造に近いガン規定ですが、オープンクラスはかなり幅広く改造がOKそうです。オープンクラスでの参加予定なんでせっかくだから今回はダットサイト搭載したスライドを作成したいなぁと思っております。
…それも時間と技術があればですけどネ

銃に関してはショートストロークやインナーバレルの露出等が禁止になってますね。
なるべく実銃に即した形でってことでしょうか?
ネットでシューティング系のHPを見てみると確かに「ストローク1.7cm」とか露出したインナーバレルと申し訳程度のスライドで「元の銃はなに?」ってカスタムが多数存在していてビックリしました!
機能を突き詰めていくとあぁいう形に行き着くんですかね?実際どれだけ速く撃てるのか見てみたい気もしますが、ジャパン スティール チャレンジでは使用出来ないんですね、残念。

あと、ジャパン スティール チャレンジは8mmBB弾は残念ながら使用できないようです。マルシンのオペレーターとかで参戦しようかと思ってましたがそれはまた別のマッチで。

他にも細かな規定はあるのですが、私的に気になったことを書いてみますた。


それから横浜PCMさんで公式練習を行なうとのことですので、参加予定の方は事前に行かれては如何でしょうか?

【第1回】2007年 6月30日
【第2回】2007年 7月28日
【第3回】2007年 8月26日
【第4回】2007年 9月22日
【第5回】2007年 9月24日
【第6回】2007年 9月30日
【第7回】2007年10月 8日
【最終回】2007年10月13日

Yokohama PCM
〒240-0055
横浜市保土ヶ谷区和田 1-12-13 みかどやビル 3F
TEL: 045-333-7045
  


Posted by 鴨葱  at 11:25Comments(6)シューティング

2007年06月18日

ジャパン スティール チャレンジ に向けて

「APSカップに向けて」と銘打って置きながら舌の根も乾かぬうちにこれです。
まぁ良い意味では気持ちの切り替えが早い、悪い意味で移り気が早い(多い?)っていうんですかね?
あれもこれもってやってるうちにどれも満足に出来なくなる器用貧乏の典型ですか…orz
まぁ器用かどうかは別にして貧乏は否定しませんがw

銀角さんより情報頂きましたので、少し先ではありますがこれからはジャパン スティール チャレンジ に照準を定めて練習していこうかなぁと思います。
で、詳しいことよくわからなかったのでネットで検索。

JAPAN STEEL CHALLENGE(ジャパン スティール チャレンジ) 公式サイト
http://www.steelchallenge.net/index.aspx

によりますと、

2007年10月14日(日)に都立産業貿易センター(台東館)で開催決定!
エントリーは当HPにて行います。(現在整備中)

とありました。4ヶ月切ったくらいですかね。先のザ・リミテッドより時間はあるんで少しでも多く撃ち込んで参加するとしましょう。
で、肝心のステージですが、

・Triple Thread
・Five To Go
・Zig Zag
・Accelerator
・Roundabout

Five To Go、Acceleratorはザ・リミテッドでもやったコースなんでイメージ湧きますが、他のコースがよくわかりません。

でもってまたネット検索(便利な時代になりました)
過去のジャパン スティール チャレンジのコースのレイアウトが幾つか見つかりましたが、ここで疑問。
・「Five To Go」は過去に「 WIDE5 」「 OLD55 」という名のコースであった?
・「Zig Zag」というコースは過去のコースにある「Zag Zig」のことなんでしょうか?
・同様に「Roundabout」というコースは過去のコースにある「Round a ball」のことなんでしょうか?


と思ったら調べるうちに他にも同じ(ような)コースで名前が違ってるのがあったんで、なんか理由があるのかなぁと考えてみたりしますが、直接今年の競技とは関係無いので右から左へ受け流しますw
詳しく調べてコースの変遷とかジャパンスチールチャレンジの歴史を紐解いていくのも面白そうですけどね。
近日中にコースレイアウトは発表されると思いますのでその時にコース攻略を考えてみましょう。

余談ですが、以前ザ・リミテッドのコースの話を大会前日にここでしましたが、今月のGUN誌に昆さんと池上さんによる対談形式で攻略法(?)が載っていました…orz
当日時間が出来たら読もうと思って持っていったGUN誌にそれが載っていたのを知ったのは大会後2日ほど経ってからですた。
GUN誌は隅からスミまで読みましょう!って当たり前か…
ちなみにまたまた余談ですが、池上氏は私の前の組(スクワッド)でした。とてもジェントルな感じの好青年って感じでしたヨ!

話を戻して、次回はルールで気になることを書いてみようかと。
  


Posted by 鴨葱  at 18:20Comments(2)シューティング

2007年06月07日

ザ・リミテッド(良い子はマネしちゃいけません編)最終回

「シューターは一日にしてならず」
   by ちーちゃん・つげさん(ミリブロメンバー)


勝手に引用して申し訳ございません<(__)>
しかし、この言葉を身を持って実感致しましたのであえて引用させて頂きました。


さて、

かくしてグリップショップのAさんの助けを借りてガントラブルを克服した私は、ようやくアクセレータのステージにて華々しく(?)デビューを飾るのでした。
先ほどのガントラブルのおかげというか、もうこれ以上の悪いことは無いだろうという開き直りみたいな気持ちになれたのでそれほど緊張せずに撃つ事ができました。

そのことと早く撃てる、当てられるとは別の話ですけどね(゚∀゚)アヒャ

「1ステージ丸々撃ってないからどうせまともな成績ぢゃないしネ」
という思いもあり、少し雑になっていたかも知れません。
そこへ、

「鴨葱さん鴨葱さんペンデュラム(1番目のステージ)のステージまでお越しください。撃ち直しを行いますので(というような内容)」

と場内アナウンスが。

その時私はネ申..._φ(゚∀゚ )を見た

受付のほうを見ると昆さんと目が合いました。
あの時の昆さんの微笑み一生忘れません!!
もう、なんと感謝の言葉を述べたら良いかわかりません。
「ありがとうございます!!」
一礼(いや、何度もペコペコしてたかも)して即ペンデュラムのステージに行ったのは言うまでもありません。

先ほどのスタッフの方に事情を説明し、撃ち直しをしている最中も
「俺の命は救われたんだ(大げさですが)」
という思いで撃たせてもらいました。

丁寧に撃ちだすと自分が抜いた瞬間に
「あ、今バッドグリップだ」とか、
「今、フロントサイト見えてない(的に視線が集中してる)」
とか気になるようになりました。

そこに気をとられ過ぎて、
「レディ」
と声を掛けられた時にマグチェンジしていなかったことに気付いたのですが時既に遅し。
見事に買ったばかりのGUNSITEピストルにスライドストップを掛けて※しまいましたとさ
_| ̄|○ il||li

※説明しよう。WAのガバでスライドストップを掛けるとノッチが捲れることがかなりの確率で起こる為、基本的にご法度なのである。しかも買ったばかりのガバでなんてそらもう考えられないことである。

ストップターゲットを撃ちきっての弾切れだったんで良かったですが、ここで焦ってリロードしてたらと思うと…
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
実際マガジンチェンジしたあとどうやってスライドリリースしようか一瞬フリーズしましたし。
なんにせよ、落ち着いて撃つということが大事なんだと身を持って実感しましたヨ

そのうちに一緒に回る方ともお話できるようになり、他のシューターさんを見て
「速っ!」
「巧っ!」
「安っ!(←すみません、調子にノリました)」
とか言いながら回れるくらいにまで落ち着きました。
でもそこからは時間の過ぎるのが早いこと早いこと。

昼食をとれるかなぁと余裕が出来たのが最終ステージの前でしたから、落ち着いてるようでもどれだけテンパってたんだよって感じですね。
時間的にはその前にも余裕はあったと思うのですが、
「次はどこで何時から?」
って気になりだしたら落ち着かなくってアタヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノフタしてました
なんせ小心者ですから…


全競技が終わり片付けの最中シューターさんの中から床に落ちているBB弾を手で拾い始める方がいらっしゃいました。
いつのまにか周りにも広がって床がきれいになっていきました。
こういう姿勢ってとても大事だなぁと感銘を受けました。

閉会式では協賛スポンサーさんからたくさんの賞品が用意され、私の周りでも多くの方が豪華景品を手にしておりました(特に銀角さんとかw)。


今回のザ・リミテッドを通して色んなことを学びましたが、
・練習はとても大事
・銃の管理もとても大事
・周りのシューターさん、関係者さんとのつながりはと~っても大事!
他にも色々あるんですけど私が今日強く思ったのはこの3点で、
一番最後が一番大事だなぁと思いました。
あ、普段気をつけているつもりでも、焦るとマズルコントロールが疎かになってしまうので、安全管理もとっても大事ですね!
基本的なことだとは思うんですけど、その基本が出来ていなかった為本当に色んな人に迷惑掛けてしまいました。深くお詫びいたします<(__)>
こういった経験を通してシューターとして成長していくんだなぁと実感したので冒頭でちーちゃん・つげさんの言葉を引用させて頂きました。

また、
Kさんはじめホビサプ関係者の方々(特にグリップショップのAさん)
昆さんはじめこの大会のためにご尽力された皆様、
そしてこの日参加された全てのシューターの皆様、
楽しい一日を本当にありがとうございました<(__)>

またいつか会場でお会いできることを楽しみにしております♪

ではこの辺で私のザ・リミテッド参戦記を終わりにしたいと思います ノシ





…え?順位ですか?(;・∀・)
そんな昔のことは覚えちゃいな(ry…
いや、とても恥ずかしくって衝撃的デビュー戦だったのでハッキリとは覚えていない(ということにして)のですが、
・銀角さんには負けました(当然ですが)
・ブービー賞に限りなく近い
・が、辛うじて最下位ではなかった
とだけ言えばわかるのではないでしょうか…(ノ∀`)アチャー
やはり練習と経験に勝るものはありません。結果はウソをつきませんから。

今回の一連のブログを今後参加される方への悪い見本ということで真似しないように参考にして頂けたら幸いです。

では長々と私のお話にお付き合い頂きましてありがとうございました<(__)>
本当にこれにて終了と致します ノシ  


Posted by 鴨葱  at 11:00Comments(6)シューティング

2007年06月06日

ザ・リミテッド(良い子はマネしちゃいけません編)3

ガントラブルに見舞われた私は頭真っ白けのまんま控えの場所に。
「どうだった?」
と声を掛けてくれたのはグリップショップのAさん。
ガントラブルで弾が出なかったので分解する旨を伝えると、一緒にいらしていたアソビットの方からプラハンを借りて下さいました。
一緒にスライドストップを外します。
弾は詰まっていないようです。
しかし組んでマガジンを入れるとローディングノズルが下がりきりません。
ローディングノズルのスプリングが利いていないのかとも思われましたが、スライド単体の時にはきちんと戻ります。
「どこが悪いんだろう?」
私はテンパっていて見当も付きません。
何度かAさんがスライドを引いているうちに、
「!」
Aさんが何かに気付いたようです。
Aさん「スライド下がり切っていないよ、これ」
私  「エェ━━━━━( ゚Å゚;)━━━━━!!?」

一体なんでそうなるのかサッパリわかりません。
スライドのリコイルスプリングガイドとプラグを外してスライドを組んでみるとフルストロークします。
Aさん「リコイルスプリングガイド長いんぢゃない?」
私  「Σ(゚д゚;) エッ!?そんなことって…」


…( ゚д゚)ハッ!そういえば子連れ狼さんのブログでMEUとマーサックのリコイルスプリングガイドが短いとかなんとか読んだ気が…
今回のWAガバはプラグにはMEUのものを使いましたがリコイルスプリングガイドは一体なんのものか覚えておりません。
Aさん「これプラグとか同じ銃のかな?合ってる?」
私  「(;゚д゚)ァ....適当に組んだので間違った組み合わせかも…」
プラグとリコイルスプリングガイドを組み合わせてみます。
ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
底付きしてんぢゃん!!_| ̄|○ il||li

Aさん「誰かWAのガバのスペアとか持ってきてないかなぁ」
Aさんが他の方に聞いてくれているその時に私の頭の中の人が叫びます!

中の人「チャンス!チャンス!スペアにあれ買えばいいぢゃん!」
私  「え、ナニ?アレってもしかしてガンサイトかい?」
中の人「なんだよぉわかってんぢゃん♪この際だから行っとけよ」
私  「でも、GP100とか、はーどぼーらとか…」
中の人「ガンサイトも限定品だぜ!しかも格安。あ、今残っていればだけどなw」

この間0.1秒

私  「すいません、これからスペア買ってきます、前から欲しかったのあったんで!」
Aさん「工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工」

言うが早いかダッシュで赤風呂の前に並んでおりました。

しかし店頭でも少し悩みます。
中の人「ガンサイトS&Wだろう?」
私  「でもリコイルスプリングガイド使うんだったら5インチのぢゃないと…」
中の人「長いから底付きしたんだろ?短いヤツならダイジョブだって♪」
私  「それもそっかd(゚∀゚d)」

控えの場所に戻った私の手にはシルバーのガンサイトピストルS&Wが…
Aさん「…これスプリングガイド合うの?」
私  「短いからたぶん…」
組んでみたらリコイルスプリングがよれてスライドが後退してくれません
ウヒャ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━ !!!!!
やっべどうしよう、頭の中の人の言うこと聞いちゃうからこんなことに…

(・ー・) オワッタナ

Aさん「スライドごと乗せかえるか」
私  「そうするとチェックOKシールが無くなってしまいます(汗」

Aさん「昆さんに事情を話してもう一度ガンチェックしてもらえばだいじょうぶだよ」
私  「ホントですか!」

早速組み込みを終了し、元の銃のスライドも持ってAさんとともに昆さんのもとへ。
事情を説明すると、次のステージで撃つ前にチェックをしてOKなら大丈夫とのこと。
Aさん、昆さん、本当にありがとうございました<(__)>
Aさんがいなかったら途中で投げ出していましたよ、ホント。
しかし銃をいじって分かっているようでもこういうミスを犯してしまうんですね。
まともに試射もしないで本番に臨んだ結果周りの人も巻き込んだ騒ぎを起こしてしまいました。
申し訳ございませんでした<(__)>
この反省を活かして、次回参加する際には念入りに整備、試射して臨むよう心がける次第です。

教訓
・時間は無くとも銃の試射はきちんとやっておくこと
・荷物になっても万が一の為に予備の銃は持っていくこと

一つ目は当然ですが、二つ目もあとあとの手間(もう一度ガンチェックを受けるとか)を考えると用意しておくのが良いと実感致しました。

ここまでくればおわかりでしょうが、前回のなぞなぞの答えは、

「新しいてっぽうを買ってスライドを組替えた」

でしたヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ

見え見えでしたか、そうですね、いや新しいてぽーを買う口実と言いますか、自分の背中を押してくれる何かきっかけが欲しかったんですよ、きっと。うん、そうに違いない…

つまらないことで引っ張ってすまなんだ。
まだ一発も的を撃ってないのにね。・゚・(ノД`)

では、次回感動(?)の最終回でお会いしましょう ノシ  


Posted by 鴨葱  at 11:00Comments(6)シューティング

2007年06月05日

ザ・リミテッド(良い子はマネしちゃいけません編)2

突然ですがなぞなぞです。

「朝はオールブラック、帰りはスライドシルバーの2トーンなぁんだ?」

もうひとつ

「朝は一丁、帰りは2丁、これなぁんだ?」

どちらも答えは一緒ですが正解はのちほど…


で、本編です。

とうとう当日の朝を向かえてしまいました。
朝の出掛けにも一瞬
「予備の銃を…」
と頭に浮かびましたが時間が時間だったのでそのまま家を出ました。

会場には九時前だというのにすでにたくさんの参加者及び関係者でごった返しています。
いきなり雰囲気に飲まれてしまいました(゚д゚;)

そうこうするうちにホビサプのKさんや顔見知りの方を見つけたり銀角さんも到着し、ホビサプさんメンバーさんとご一緒させて頂きました。
ひとりで右も左もわからない状態だったので、ホビサプさんのメンバーさん達には大変お世話になりました。
ありがとうございました<(__)>
今後ともよろしくお願い致します

で、準備も終わり多少遅れましたがガンチェックの時間になりました。
自分の順になり、簡易弾測計でチェックです。
レギュレーションではこの簡易弾測計で4枚撃ち抜くとレギュオーバーということでその銃は使用できません。
私の銃は色々なWA系のガバを組み合わせて作りましたが、基本はノーマル箱出しパーツの寄せ集めなのでパワーは問題無いと思ってましたので自信を持ってトリガーを引きました。
「バンッ!」
といういい音とともに4枚目に大きな穴が…
「!」
一瞬、係りの人の目が光ります。
アブネ━━━━Σ(゚д゚;)━━━━!!
弾は抜けてなかったんでセーフだったんですが、ちょっと心臓に良くないですねぇ。
でも一瞬、
「これでオーバーしてたら出られない口実になるかも♪」
と思ってしまった自分がいます(゚∀゚)

無事にガンチェックも終わり、受付も済ませてしまったので張り出された自分の名前と組を確認しどのステージで何時からかをチェックです。
っつかこれもグリップショップのAさんに教えてもらわなければわからないことでした。
ありがとうございます<(__)>
しかもこの日はまだAさんのお世話になるのですが、それはのちほど。
ちなみに私は、
ペンデュラム
アクセレータ
スモーク&ホープ
ファイブ トゥ ゴー
スピード オプション
の順に進行していくことに。

隣で準備していた銀角さんはWエントリ(オープンクラス、リボルバクラス)のため、非常にタイトなタイムスケジュールになっておりました。
初心者の私にはとてもマネ出来ないです。

会場の準備が遅れていたのでその間各ステージをスタッフの方々が撃ち込んでいるのを見て勉強してまわったり、色々なショップが出店されてたので何か良さげなものは無いかと物色したりしてました。
いつもお世話になっている赤風呂さんではWAガバ系がお安く放出されておりました(それ以外にもお買い得品多数ありましたヨ)。
GCNMもありましたがブラックのみだったのでスルー(やっぱシルバーだよねー)。
気になったのはガンサイトピストル。
それもS&Wのシルバー。
そういやぁS&Wのガバって持ってないなぁ…コマンダーサイズのモデルも欲しいなぁと思っていたので、16Kはとても魅力的なお値段♪
いやいや、ここで散財してしまったらGP100が買えません。
ここはひとつガマンの子と化して後ろ髪引かれながらもスルー。

ほぼ一時間遅れで開会式が行われ、昆さんが挨拶及び今日の説明を行いいよいよ本番開始です!

※遠くからだったので分かりにくいかも知れませんが黄色の矢印の先が昆さんです。

銀角さんや他の方が撃っているのを見ると否が応にも緊張が高まって来ます。
銀角さんが撃っている最中にミリブロの「シューターは一日にしてならず」のちーちゃん・つげさんにご挨拶。
競技のタイミングが私とかぶることが多かったのであまり見ることが出来ませんでしたが、ちーちゃん・つげさん上手いッス。自宅(店舗)のシューティングレンジは伊達ぢゃありませんね!
ようやく自分のグループが呼ばれ最初の方が撃ち始めた時には緊張と立ちくたびれもあってイスに座って見てましたが、他の方が待っている間も真剣に的を見つめて立っていたのが印象的でした。

そしてついに私の番。
どのようにするかは先に撃っていた方たちのを見ていたのでわかっていたつもりでしたが、実際あのボックスに立つとスタッフの方が何をおっしゃっているのかもわからないくらい緊張しているのに気付きました。
とにかく一発撃ち始めればあとはどうにでもなるさ。
ある意味開き直りにも似た気持ちになって初弾を撃ちます。
「ガショッ!」

…弾が出ません
(;・∀・) ナン! (; ∀・)・ デス!! (; ∀ )・・ トー!!!
慌ててトリガーを引くも給弾されないのか詰まったのか弾が出ません!
あまりのひどさにスタッフの人からマガジンを変えて試射してみたらと言われ、マガジンを替えるも
「ガショッ!」
という新マグナエンジン独特の発射側にガスが回っていない音が…

頭の中にひとつのAAが浮かびます


               (´・ω,(´・ω・)
                  (ー(,, O┬O
                   ())'J_))

    「俺のザ・リミテッド終わった…」

    「まだはじまっちゃいねぇよ」


いや、そんな余裕無かったんですけどね(汗
とにかくガントラブルってことでそのステージは棄権、修理ということに相成りました。


果たしてガントラブルの原因とは?
そして私はこのままガンチェックの一発だけでこの大会を終わってしまうのか?

つづく


あ、なぞなぞの答え!
全然引っ張るほどではないですが正解は次回ってことで ノシ  


Posted by 鴨葱  at 11:00Comments(0)シューティング

2007年06月04日

ザ・リミテッド(良い子はマネしちゃいけません編)1

「ザ・リミテッドの会場には魔物が棲んでいる
  …いや、シューティングの神様が厳しく目を見張らせている」
          by T.N.わにちん(鴨の人)

これは無謀にも軽はずみな思いでザ・リミテッドに参加した愚か者の物語である…

これまでのあらすじ(?)

鴨の人はJASGトイガンフェスタでザ・リミテッドという大会があることを昆さん本人からお聞きし、子供が生まれる前に遊びに行けるとしたらこれが最後のチャンスと思い参加を決意。

するも、ろくに練習するでもなく銃も自分なりに組んだは良いが引っ越しやら仕事やらで試射もほとんどしていない状態で前日を迎える。

しかも前日までブログにて上記のようなビリになった時の言い訳を散々書き溜めて自己保身に努める(もっと違うところで労力使えよな…)。

といった感じですかね?
では本編に入ります(前置き長っ!)


話は前日の土曜の夜から始まります。
仕事帰りにせめて一度だけでも個人的に集中して撃ち込みたかったのでアソビットに向かいました。
いつもながら店員さんの数は少なく、しかもレジの店員さんは電話中の様子。
会計待ちのお客さんが私の前で待っております。
5分ほど待って電話が終わり私の順番になったのでレンジの空きを確認するも30分待ちとのこと。
この時点で20:15
前日に少なくともサイト調整はしておきたいという思いはあったものの、仕事帰りだし正直あまり遅く帰りたくないなぁという気持ちのほうが強く断念して帰ることに。

これが第一の誤り

そう、この時すでに私は次の日に起こる惨劇の一歩を踏み出していたのでした。


帰宅後、嫁が入浴するのを確認し明日の準備を開始。
引っ越し荷物の段ボールをひっくり返して予備のマガジンやらガスやら発掘。
工具、持った
ガス、持った
BB弾、持った
ホルスター、持った
マグポーチ、持った
シリコンスプレー、持った
シューティンググラス、持った
メガネ、持った
明日のコースのプリントアウト、持った
予備の銃、…

…だいじょぶぢゃね?
っつかこれ以上入りそうに無いし( ̄∀ ̄;)

あ、コンパクト系なら入るか
ノバックカスタムとか

ってホルスタから落ちそうヤン!( ̄∀ ̄;;)

予備の銃、却下

こんなもんかなぁ~


これが第2の誤りと気付くのはそれから11時間後のことでした…

つづく  


Posted by 鴨葱  at 11:05Comments(6)シューティング

2007年06月03日

ザ・リミテッドに行って来ました

今日のところは多くは語りませんが、要約すると

「出なおしてこい」

ってシューティングの神様に言われた感じですかね?orz
明日から詳しくご報告していきたいと思います(T_T)/~  


Posted by 鴨葱  at 18:56Comments(3)シューティング

2007年06月02日

いよいよ明日はザ・リミテッド…

今日もカバンに銃を忍ばせお仕事中でつ

明日本番だよなぁ
今週一発も撃ってないなぁ

とか考えていたら、ふと気が付きました

ゲッ明日のことなんも知らないやん(゜ ゜;)

慌てて昆さんのCoolStyleToyを確認しましたが、肝心のコースが見つけられません(´つ_T)

コースの名称はどっかで聞いたことあったんで「SPEEDOPTION コース」でYAHOO検索かけたら、ありましたよ!
どうやら「シューティング」とかいうページらしい。
どれどれ…

ってこれ昆さんのCoolStyleToyの携帯版やん!!(゜ ゜;;)
灯台下暗しとはまさにこのことですね…OTL

まぁ無事に見つかったんで各コースの確認

FIVE TO GO


ACCELERATOR


PENDULUM


SMOKE&HOPE


SPEED OPTION



…一体どの的から撃ったらよいんでしょ?( ̄∀ ̄;;)
ストップターゲットが一番最後でしょぉ、う~ん…

今晩一晩悩みます
っつか秋葉原で仕事してんだから時間できたらホビサプさんに行けば良いんですけどね(*´ー`)
でも前日だし人いっぱいだったら練習できないぉとか小心者な私は思うのですよ

アソビットも人いぱーいかなぁ(´・ω・`)

うひぃ~仕事どころぢゃなくなってきたヽ(´∀`)ノ~

なんか他の真剣に取り組んでるシューターさん達に申し訳なくなってきますた
ので、明日は自粛して欠…



…ウソです
えぇ、得意のいいわけでつけどね!(・∀・)  


Posted by 鴨葱  at 13:27Comments(2)シューティング

2007年05月31日

ザ・リミテッド間近…

なのですが、銃に触ることすらままなりません(´つ_T)

毎日カバンに入れて隙あらば練習と思い持ち歩いてますがマジで体力づくりにしかなってませんorz
ビリーズ・ザ・ブートキャンプより継続という意味では運動になっているかも…

ホントに練習時間無かったかな…?
先週嫁が旅行に行ってた時は何してたんだっけ?
あぁ密輸の真っ最中でしたねぇ…(* ´ θ ` *)
少しでも銃に触っておけば良かったかも…

本番が日曜だと思ったら非常にあせって来ました。
基本的にチキンですから(鴨ですがネ、ぷっ)。
たぶん土曜の夜は眠れないかもです。
なんせサバゲの前の日も明け方近くまで眠れなくなる人なんで(いや、まさに遠足前の小学生ですよ)。
寝坊したらどうしよう、とか思うと眠れなくなる典型的な心配性ですね。
幼少の頃はドラキュラが来たらどうしよう、小学生の時には核戦争になったらどうしよう、といったことで心配で眠れなかったほどなんで( ̄∀ ̄;;)



えぇ泣き言ですとも
ビリになった時の言い訳保険とでもいいますが

(´つ_T)  


Posted by 鴨葱  at 13:33Comments(2)シューティング

2007年05月09日

ザ・リミテッドに向けて(マグポーチ)

レギュレーションには無いのでたぶん用意しなくても良いのでしょうが、一応こんなものもあるよってことで紹介。
WA製マグポーチ

これもMGCのSPEEDと一緒に送られて来たものです。
やはり表面が白っぽくなってますしカビっぽい香りがしますが、経年変化ってことで(^^;

今はAKER製のものを取り扱ってるんで自社生産はしないんでしょうが、こんなものも作ってたヨってことで。  


Posted by 鴨葱  at 11:50Comments(0)シューティング

2007年05月08日

ザ・リミテッドに向けて(ホルスター)

抜き打ちの競技(ライフルクラスを除く)なんで当然ホルスターが必要になります。
で、自分の手元にあるホルスターと言えばサバゲ用のビアンキM12とかだったりしてとても抜き打ちなんてできたもんぢゃありません。
唯一あったのがヤフオクでモデルガンを落札した時に付いて来た今は亡きMGCの「SPEED」。

その昔モデルガンチャレンジャーという雑誌で見たアレです。
もし出た当初のものなら20ン年ものですか。

私が手にした時には表面に薄く白カビが発生しておりましたので、拭いたりブラッシングしたりして落としたのち皮用のクリームを塗ってモデルガンを一緒に入れて保管しておりました。
飾りというかアクセサリのつもりでしたんで、今時のマッチでは使えないんだろうなぁと思ってましたが昆さんに確認したところ「OK」とのこと。
昆さんも使用されるとのことでしたんで、今回はこれでいきますよ。
大して使ってもいないのにマウント付きのGMを入れたら傷が付いてチョット使い込んだ風味ですが、やっぱり練習はしてません(゚∀゚;)  


Posted by 鴨葱  at 11:50Comments(0)シューティング

2007年05月07日

ザ・リミテッドに向けて

一応マッチ用の銃なんかを用意してみたりして。

チームRタイプな私としてはWA(J-ARMORY)しか無いでしょう!なノリなんで、ベースはFBIビューロを選択。
選択ポイントは「マグウェルが付いているから」&「中古で格安で手に入ったから」という何とも身も蓋も無い理由ですが、今回のザ・リミテッドはその名の通りアイアンサイト限定なんでこれくらいで良いんぢゃないですかね?
マッチで「FBI」なんてとは思うので今なら「プロフェッショナル」をチョイスするとかありかと(素直にウィルソンとか買えば良いのでしょうが…)。
で、以前に子連れ狼さんが、
「スライドは軽く、アウターバレルは重く」
すると良いというようなことを仰ってらしたので、スライドはMILスペックのABSスライドを、アウターバレルはMEUレイトのものを載っけてみました。
HOPはVer.3の固定HOPでPDIのパルソナイトバレルを組んでみました(自己満足ですねぇ)。多分強めのHOPなんで子連れ狼さんが以前に調整していたように可変HOP用のリングを削ったもので弾と合わせていこうかと(まだ調整どころかこの組み合わせで一発も撃っていないもので(^^;)。
これから週一くらいで練習したいところですが、ってそんな感じぢゃ結果が見えてますねぇ…  


Posted by 鴨葱  at 12:39Comments(2)シューティング

2007年05月06日

ザ・リミテッド

先日のJASGトイガンフェスタでお会いした昆さんからお誘いのメールが来ていました。
第一子の出産が間近なんで参加は微妙なんですが、産まれたら産まれたで外出は難しくなりそうな予感…
んー、エントリだけしときますか!?
っつか練習も何もナシで大きな大会(すでに200名からのエントリありとか)に出ようとしている自分ってどうよ?ホルスタもMGCのスピードってだいじょぶ?とかいう次元ですがOKですか?

…エントリのメールだけしておきますた(・∀・)
もし出場できたらビリだけにはならないように頑張りますヨ
ん?どこかで聞いたような…(・∀・;)
  


Posted by 鴨葱  at 00:00Comments(2)シューティング